アトピー おすすめ食べ物

ローズヒップティーの2つのアトピー効果とおすすめの飲み方

ローズヒップティー アトピー効果

あなたは、「ローズヒップティーがアトピーに良いと聞くけど、本当に効果があるの?」と少し疑っていませんか?

そこで今回は、ローズヒップティーの2つのアトピー効果とおすすめの飲み方を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

ローズヒップティの2つのアトピー効果

そもそも、なぜ、ローズヒップティーがアトピーに効果があるかと言うと、以下の2つの働きがあるからです。

1、強力な抗酸化作用があるから

ローズヒップティーには、ビタミンA・C・Eやリコピンと言った「抗酸化作用」と言う働きを持った成分が多く含まれています。

抗酸化作用とは、体の細胞を攻撃してしまう「活性酸素」と言う悪い物質を退治してくれる効果のことです。肌の細胞を守ることで肌の抵抗力が強くなったり新陳代謝が促進されるので、肌が外部の刺激に強くなります。

アトピー肌は、元々から「セラミド」と言う肌の保湿成分が不足している肌質なので、少しも保湿成分は無駄にしたくないところです。その点、新陳代謝を促進することで肌の無駄な成分を除去して肌の保湿成分の効率化を図れるので、アトピーに効果があると言えます。

また、アトピー肌は「アトピー素因」と言うアトピーの原因となる物質が体内にいるせいで、少しの刺激だけで強い炎症やかゆみを起こす肌トラブルなので、抗酸化作用で肌を強くするのは重要なことなのです。

2、腸内環境を改善してくれる

ローズヒップティーには、「食物繊維」が多く含まれており、便のカサを増やしたり水分量を増やすことで便を出しやすくすることで腸内環境を改善してくれる効果があります。

私たちの便(ウンチ)は食べ物の残りカスが集まってできたものなので、便秘になってずっと体内に残ったままだと、腸の働きが悪くなってしまいます。

腸には便を作るだけでなく、食べ物の栄養を血液を通して全身に送ると言う大事な役割もあるので、肌に栄養が行き渡らずに肌の保湿や抵抗力が弱まってしまいます。

ローズヒップティーの正しい飲み方

以上のようにアトピーにはそれなりの効果があるローズヒップティーですが、普通に飲むだけでは効果が実感できません。なぜならば、ローズヒップティーの成分の80%は実の中に入っており、お茶の中には20%の成分には溶けていないからです。

まるで天然の総合サプリメントのようなローズヒップティですが、実は、その栄養素の約80%が(カップの底の)実の中に残ったままであるということをご存じでしょうか。

日本分析センターで分析してもらった結果、ビタミンCはレモンの20倍も含まれていることが分かりました。が、お茶には、なんとその半分も出て来ないということもわかりました。半分以上が実の中に残ったままなのです。

引用:驚きの美肌効果を持つローズヒップティ、でも飲み方が重要[美ログ] | スキンケア大学

なので、ローズヒップティーを飲む時には実も一緒に食べる必要があるのですが、人によっては不味く感じてしまうものです。

そんな人には、ローズヒップティーにシロップやはちみつを加えて飲むことをオススメします。バラの香りとはちみつの甘味が意外に合っているので、毎日無理なく飲むことができます。

また、ローズヒップティーの含まれるビタミンC・Eやリコピンは摂取して2~3時間後には尿や便として排出されるので、一気に何杯も飲むのではなく、朝に1杯・昼に1杯と言うように小分けにして飲むと、効果を実感しやすくなります。

私がアトピー予防に使っている化粧品とは?

あなたはアトピーの症状を少しでも軽くして、肌の悩みから解放されたいと思っていませんか?

私も小学生の頃からずっとアトピーで悩んでいましたが、 毎日使っていた化粧品を変えたところ、アトピーを予防することができています。

以下の記事にその化粧品の詳しいレビューを書いているので、参考にしてください。

>>私がアトピー予防で使っている化粧品とは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

-アトピー おすすめ食べ物

スポンサーリンク